センター長ご挨拶

人・物・金の大都市集中化が極端に進行し、その歪みによって地方の疲弊など国内的にも多くの問題が出現しつつある中、これからの日本がバランス良く発展するためには、国を挙げて地方を創生することが喫緊の課題となっている。文部科学省においても、地方創生のための事業として大学COC事業「地域再生・活性化の核となる大学の形成」を開始した。その支援を受けて佐賀大学と西九州大学が連携して地域での学修機会を増加させる教育プログラムの改革を平成25年から推進してきている。本推進活動を更に発展させるためのCOC+事業「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業」が平成27年から開始された。このCOC+事業では、COC事業での地域が求める人材養成の成果を更に地域の経済界・産業界と結びつけることによって、大卒者の地元就職率の向上と地域産業の振興による雇用の拡大・創出を図ることを目的としています。 地域創生推進センターの活動に対しご支援とご理解をお願いします。

地域創生推進センター
センター長 兒玉 浩明