日本語の教え方

本講座は、外国人に日本語を教える際の基本となる事柄を、佐賀大学で実際に日本語を教えている教員らが、みなさんと考えようというものです。日本語を教えることに興味があるのにやりかたが分からない方、すでにボランティアとして日本語を教えている方などの受講を歓迎します。佐賀大学で実際に日本語を教えている教員や教室活動を専門とする教員が実例や実践方法を交えて講義を進めるところが特徴的。一方的な講義ではなく、参加者同士、参加者と講師がペアワーク、グループワークを通して課題に取り組みます。

●日時

2017年10月5日~12月14日

18時~19時30分

*期間中の11月23日を除く毎週木曜日に開講します

●場所

佐賀大学本庄キャンパス 教養1号館122

●各講義内容

第1回 概論:日本に住む外国人について、日本語教育について、本講座にかかわることがらについて話す 10月5日(木) 18:00~19:30
第2回 日本語の文法:「日本語がわかる・できるとは?」ということを一緒に考え、後半では音声と音素について話す 10月12日(木) 18:00~19:30
第3回 日本語の音声:「日本語がわかる・できるとは?」ということを一緒に考え、後半では音声と音素について話す 10月19日(木)18:00~19:30
第4回 本語の「不思議な」間違い①:日本語の現在形、過去形、否定形の学習者の間違いを観察し、どのように動詞や接辞を考えられいいか考える 10月26日(木)18:00~19:30
第5回 日本語の「不思議な」間違い②:日本語の願望の文と使役の文の間違いを観察し、どのように教えたらいいか考える 11月2日(木) 18:00~19:30
第6回 教材分析①:市販の教材を分析し、それぞれの特徴や使い方について考える 11月9日(木) 18:00~19:30
第7回 教材分析②:市販の教材を分析し、それぞれの特徴や使い方について考える 11月16日(木) 18:00~19:30
第8回 日本語を学ぶための活動:日本語を学んだり交流を深めたりするための活動の案を考えます 11月30日(木) 18:00~19:30
第9回 新しい教え方:アイス・ブレーキングのしかたやグループワークなど、学習者の学びを活性化する方法について体験しながら学ぶ 12月7日(木) 18:00~19:30
第10回 学習に役立つ評価:外国人の日本語を評価することについて、活動を通して学ぶ 12月14日(木) 18:00~19:30

●対象者

社会人、学生(高校生以上)

●定員

20名

●受講料

3,600円

※本年度から本庄キャンパスの駐車場は有料(1回200円)となっております。

申し訳ありませんが、予めご了承ください。

●お問い合わせ及び申し込み

佐賀大学 学術研究協力部 社会連携課

〒840‐8502

佐賀市本庄1番地

電話:0952‐28‐8958

FAX:0952‐28-8186

お申し込みはコチラ

チラシはコチラ

2017-09-01 | Posted in 公開講座(受付終了)Comments Closed 

関連記事